ほうれい線は、しわやシミと並んで多くのエイジングケア世代の方が抱える肌悩みです。ほうれい線は、深く刻まれてしまうと化粧品では改善することができないので、目立つ前に予防することが何より大切です。
そこで、今回は、ほうれい線の原因とほうれい線対策におすすめのナールス化粧品についてご紹介します。

ほうれい線の原因

ほうれい線の主な原因はたるみで、たるみの原因は大きく分けて3つです。

1つ目は、真皮の衰えです。真皮は、線維芽細胞とそれによってつくられるコラーゲンやエラスチン 、 ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどからできています。肌のハリや弾力の源となっているコラーゲンやエラスチンは、年齢とともに減少し、衰えたり、変性してしまいます。

また、線維芽細胞も年齢とともに活力を失い、減少します。これが、真皮を衰えさせる原因の1つです。真皮の衰えの原因の中で、最も気をつけるべきは紫外線です。紫外線ダメージは、肌の酸化を促進して、ほうれい線をはじめとする肌老化の原因になるのです。

2つ目は、表情筋の衰えです。表情筋の中で、ほうれい線と関係が深いのが、口輪筋と頬筋です。加齢や表情を変えないなどで使わないこと、笑顔が少ないこと、口数が少ないこと、歯ごたえのあるものを食べないこと、バランスの悪い偏った食事などが、表情筋が衰える原因です。

3つ目は、皮下組織・皮下脂肪の衰えです。ほうれい線の周りの頬は、顔の中でも皮下脂肪が多く、加齢などにより、脂肪細胞の量が増えたり、1つひとつの脂肪細胞が肥大化することで、全体として肥大化します。そうなると、皮下脂肪を支えることができなくなって、たるみが発生するのです。

ほうれい線の原因はほかにも、乾燥、肌の糖化、むくみ、無理なダイエット、悪い姿勢や癖などがあります。

ナールス化粧品でのほうれい線対策

乾燥によるほうれい線の対策は、保湿の徹底です。おすすめの保湿成分は、水溶性成分では、アミノ酸やプロテオグリカン、ヒアルロン酸など、油溶性成分ではヒト型セラミドやスクワランなどです。

また、ほうれい線の原因の1つであるコラーゲンやエラスチンの減少の対策として、コラーゲンやエラスチンの生成をサポートする、ナールスゲン、ビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体、ネオダーミルなどのエイジングケア化粧品成分が配合された化粧品がおすすめです。

エイジングケア化粧品で深いほうれい線を消すことはできないので、まだほうれい線が目立たない年代からエイジングケアを心がけることが大切です。

さらに、紫外線対策は、エイジングケアでもっとも大切なことです。ビタミンA誘導体、C誘導体、E誘導体を配合した日焼け止めによる紫外線対策で、ほうれい線を予防しましょう。

エイジングケアローション「ナールスピュア」は、プロテオグリカンなどの保湿成分、ビタミンC誘導体などのエイジングケア化粧品成分が配合されています。

バイオセルロースマスク「ナールスリジェパーフェクトマスク」は、保湿効果はもちろん、キュアパッション配合でむくみの改善が期待できます。

エイジングケア美容液「ナールスネオ」は、ヒト型セラミドやプロテオグリカンなどの高保湿成分に加え、ネオダーミル配合でしわの改善が期待できます。

UV化粧下地「ナールスヴェール」は、ノンケミカルで肌に優しいのに、紫外線をしっかりカットするうえ、ビタミンC誘導体でエイジングケアもできます。

そして、この4つの化粧品には、ナールスゲンが配合されており、コラーゲンやエラスチンなどを自らの力で増やすことを助けます。

まとめ

ほうれい線は、乾燥が原因の浅いものと、たるみが原因の深いものがありますが、エイジングケア化粧品で改善できるのは、乾燥が原因のものだけです。高保湿成分が配合された化粧品でしっかりと保湿を行いつつ、たるみケアに効果的なエイジングケア化粧品成分が配合された化粧品で、早いうちからほうれい線の予防を行いましょう。

Categories: Business